toggle

仏教サロン京都

仏教サロン京都は仏教を深く知り、学びたい方のためのサロンです。

2018年9月より月に1回~数回、開講しています。

運営者は特定の教団や教義とは無関係の市民ボランティアグループで、無宗派の立場です。以下の3つの柱を大切にして、講座を組んでいます。

・学問的な態度で仏教を学ぶ場であると同時に、実践行も体験できる。
・通仏教的な教義を重視し、宗派間の共通点が理解できるような学びの場とする。
・仏教の芸術的側面を学び、お稽古もできる。

お知らせ 2020年春以降、新型コロナウィルスの感染予防の観点から、一部の講座のオンライン化をすすめています。最新情報はFacebookをご覧ください。≫仏教サロン京都Facebook

お申し込みについて

お申し込みは各講座案内下部の「お申し込みフォーム」からお願い致します。スマホ、アイフォンからのメールが届かないトラブルがたびたび起きています。携帯からの方は以下ドメインを受信できるように 設定をお願い致します。 tennyodo*ac.auone-net.jp(*を@に変えてください)
オンライン講座は、講師に直接お申し込みをいただく場合もあります。毎回の講座の案内文に沿ってお申し込みください。

会場案内 

ほとんどの場合、京都市内で開講しています。会場は講座ごとに変更になります。公共施設または 主宰者の自宅(京阪 神宮丸太町駅より徒歩3~4分)で開講しております。

タイアップ講座 タイアップ講座として、月に一度、知恩院塔頭寺院の「既成院」様での「魚山流 声明のお稽古」があります。市民を対象とした声明教室です。

>> タイアップ講座 「魚山流 声明のお稽古」
講師が住職をつとめる知恩院塔頭 既成院にて行っています。2019年9月より毎月第一月曜日(祝日の場合は第2)がお稽古日となっています。受講料は1名につき2,500円です。受講申し込みはお電話にてお願い致します。080-5641-1076(講座世話人 加藤悦子)

運営母体について

「仏教サロン京都」の母体は、≫サンギーティの会です。
(サンギーティはサンスクリット語で「共に唱える」の意味)です。

当会は、市民ボランティア運営による仏教国際交流会として、2012年より京都を基盤として、僧侶や研究者の方々を対象に、座談会やプチシンポジウムなどを行ってきました。 「仏教サロン京都」では一般の方を対象に、仏教の教義と、関連する文化講座を開設していきます。 巷によくある「仏教の入り口」としての場でなく、そこを通過した人がさらに深く知り、学べる場にしたく思っています。少人数制による中身の濃い講座を運営していく所存です。受講する方にとって「仏教の価値を確信できる場所」になることを理想としています。(サンギーティの会代表・加藤悦子)