toggle
仏教サロン京都 仏教サロン京都 仏教サロン京都
仏教サロン京都について

仏教を深く知り、学びたい方のためのサロンです。運営者は特定の教団や教義とは無関係の市民ボランティアグループで、無宗派の立場です。以下の3つの柱を大切にして、講座を組んでいます。

・学問的な態度で仏教を学ぶ場であると同時に、実践行も体験できる。
・通仏教的な教義を重視し、宗派間の共通点が理解できるような学びの場とする。
・仏教の芸術的側面を学び、お稽古もできる。

※【おしらせ】お知らせ 2020年春以降、新型コロナウィルスの感染予防の観点から、一部の講座のオンライン化をすすめています。最新情報はFacebook仏教サロン京都をご覧ください。

>>詳細ページ

通年講座

原文を味わい 体験を通して学ぶ『ヨーガスートラ』

この講座では、『ヨーガスートラ』をサンスクリットで読んでいきます。原文で味わって、より深く理解するというところにありますので、文法の詳しい解説を行うわけではありません。サンスクリットを全く知らない人でも安心して参加していただけます。
>>詳細・申し込みページへ

終了通年講座

魚山流 声明のお稽古

当講座の主催と会場は、東山にある浄土宗総本山 知恩院塔頭の既成院様です。

仏教サロン京都では、講座案内や申し込み受付など世話人の役割をしています。
>>詳細・申し込みページへ

今後の特別講座
  • 第3回「文化財と信仰」研究会 2022年9月16日(金)13:30~17:00

    第3回「文化財と信仰」研究会 2022年9月16日(金)13:30~17:00
    文化財に関する専門家を対象とした座学方式で、文化財保護と信仰の関係性について考えていきます。ご参加希望の方はtennyodo※ac.auone-net.jp までメールをお送りいただくか、080-5641-1076 加藤までお電話ください。(メールの場合、※を@に変えてください) 参加対象:指定文化財を管理する社寺の代表者・お勤めの宗教者、研究者、建築士、診断士、仏師、絵師、学芸員、文化財管理に関わる公務員の方、文化財を研究対象としている大学院生、文化財をテーマとした卒論を執筆予定の学部生など。 テーマ:信仰空間の維持をめぐる諸問題について 講師:横川総一郎氏(有限会社 匠弘堂代表取締役・宮大工棟梁) 座長:本隆寺文化財保護部主任 木村良勢師 会場:法華宗総本山 本隆寺(京都市上京区) スケジュール:13:30 本隆寺本堂前に集合~本堂改修工事の特別見学~横川総一郎氏による講演(寺院建築の解説)~座談会(テーマ:信仰空間の維持をめぐる諸問題について)17:00までに解散。 当日はこちらを見学します。 参加費:お一人につき1000円程度を予定しています。(会場費とお茶菓子代) 注意事項:女性の方はハイヒールでなく、スニーカーなど底の平らな安全な靴でご参加ください。 以下は、2020年9月15日に開催した第2回「文化財と信仰を考える会」についての記事です(奈良新聞に掲載)
  • オンライン講座(全2回)「敦煌壁画ぬり絵と絵解き解説」※本講座は終了いたしました。

    オンライン講座(全2回)「敦煌壁画ぬり絵と絵解き解説」※本講座は終了いたしました。
    北朝時代(6世紀)の敦煌壁画(第249窟)の一部、須弥山図のぬり絵をしながら敦煌文化を学ぶ講座です。受講生にはオンライン開講前にA4ぬり絵用紙と資料を郵送いたします。両日とも講師の檜山氏より図像解説があります。ぬり絵は絵仏師の菱田眞如師が指導します。1回目11月19日は天・龍・阿修羅をぬり、二回目11月26日は須弥山と崑崙山をぬります。24色の色鉛筆をご用意ください。
  • オンライン講座「チベット仏教 ツォンカパ大師の思想から仏教を学ぶ」※本講座の申込は終了いたしました。

    オンライン講座「チベット仏教 ツォンカパ大師の思想から仏教を学ぶ」※本講座の申込は終了いたしました。
    本講座の収益は受講料3000円×12名で36000円で、うちお一人の方より2000円寄付があり合計38000円となりました。これに仏教サロン京都から12000円の寄付を加えた合計額の50000円を、2021年12月14日にパンニャ・メッタ・サンガ様(サンガラトナ・法天・マナケ師代表)。に寄付いたしました。講師の川口英俊先生、受講生の皆様ありがとうございました。
  • 令和3年6月11日(金)18:30~20:30 オンライン講座「ヨーガと仏教のおはなし」※本講座は終了いたしました。

    令和3年6月11日(金)18:30~20:30 オンライン講座「ヨーガと仏教のおはなし」※本講座は終了いたしました。
    本講座は、奈良市の公共施設で計画する予定でしたが、新型コロナの感染者があまり減少しないことから、オンライン講座に切り替えたものです。当日聴講出来ない方は後日に配信する録画をご覧いただくことができます。2時間の内容で、質疑応答も入れてじっくりお話を伺います。皆様のご聴講をお待ちしております。
  • 3回集中講座~コード(暗号)から読み解く密教

    3回集中講座~コード(暗号)から読み解く密教
    新形コロナウィルスの 影響により、この講座の2回目、3日目の開講は未定となっています。パンデミック終結を待って、開講を再検討いたします。本講座では、これまであまり注目されてこなかった「秘鍵」に注目し、曼荼羅・密意語・真言を紐解くための手がかりを探っていきます。日本・チベットそれぞれの事例・作例を通じてインドにおける密教の源流を辿ります。 
1 2 3 4 5 9