toggle
2019-09-22

原文を味わい 体験を通して学ぶ『ヨーガスートラ』

※通年講座 毎月一回 土曜日実施。

講師:金菱 哲宏師(かなびし あきひろ)
京都大学他 非常勤講師、ヨーガ実践歴20年)

台風19号の影響のため、第一回目が延期になり、11月23日(土)になりました。

日程:第一回目 11月23日(土)10:00~12:30 (9時40分集合)

12月からは基本的に第2土曜日の開催です。12月は14日、2020年1月は11日、2月は8日になります。時間帯については、第一回目11月23日は午前中ですが、二回目以降は 11月23日 にご参加の皆様との御相談にて決めさせていただきます。
※連続講座ですが一回のみでも参加可、2名以上で開講いたします。
(8名まで)

会場:仏教サロン新会場(JR稲荷駅より10分/京阪伏見稲荷駅より8分)
※主宰者の加藤の自宅です。近所のコンビニ前で集合といたします。ご参加の皆様にお一人ずつ御案内させていただきます。

会費:1名4,500円(当日現金払いのみ)

以下は金菱先生からのご案内文です。

『ヨーガスートラ』は4〜5世紀頃に成立したとされ、現代でもなお多くのヨーガ実践者から、ヨーガの根本的な思想を説く書として広く読まれています。 全四章、200足らずの短い文章(この一つ一つをスートラと呼びます)からなり、この短文だけを集めたならば、わずか6ページにも満たないものです。この僅かな章句の中に、「三昧」や「八支ヨーガ」といったようなヨーガの思想・実践の重要な諸概念が巧みに整理されています(その中には、仏教からの影響を伺わせるような思想も多く含まれます)。

『ヨーガスートラ』は、そのコンパクトさゆえに言葉足らずで、難解な書となっています。また多くの訳書が、従来から使用されている仏教の訳語を使って翻訳しているため、現代の日本語の感覚では理解しにくくなっています(たとえば「煩悩」、「業」、「習気」など)。むしろ原文をそのまま味わうほうが、原語がもつニュアンスを直接的に理解することができます。

この講座では、『ヨーガスートラ』をサンスクリットで読んでいきます。ただし、その主眼はサンスクリットの学習・習得にあるのではなく、ヨーガスートラを原文で味わって、より深く理解するというところにありますので、詳しい文法の解説を行うわけではありません。サンスクリットを全く知らない人でも安心して参加していただけます。(その一方で、サンスクリット文法を学んだことがある方には、よい実践練習にもなると思います。)

またこの講座では瞑想の実践も行います。ただ教典を読み解くだけでなく、体験とともに『ヨーガスートラ』に触れていただければと考えております。

【ご注意】

スマホ、スマートフォンからご送信下さる場合、当方でメールが受信できないというトラブルがたびたび起きております。自動送信メールでの仮の御返事のあと、2日以上経っても係からの正式なお返事が届かない場合は、大変お手数ですが、係まで直接にお電話くださるか、申し込みフォームを通さずに、tennyodo※ac.auone-net.jp(※を@に変えてください)まで、メールをお送りください。080(5641)1076 加藤

原文を味わい、体験を通して学ぶ『ヨーガスートラ』 金菱哲宏先生

タニヨー長老の法話会 タニヨー先生

お名前(必須)
フリガナ(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号(必須)
- -
お問い合わせ内容(任意)

 

Follow by Email
Facebook
Twitter
Instagram
関連記事