toggle
2019-11-29

座談会「文化財と信仰」

「文化財と信仰」をテーマとした座談会を 2020年1月25日(土)13:00~15:30まで 行います。場所は、京都の東福寺近くの古民家カフェです。(名称、場所は参加者に直接お知らせいたします)

ファシリテーターは身延山大学仏像修復研究室研究員の木村良勢師。 以下は木村師よりの御案内です。

【今回の座談会では議題を崇拝対象の文化財に絞ります。信仰心との関係性を考え、現状維持一本槍の現状に一石を投じる新しい保護のあり方を提示できればと思っております。専門家の皆々様からのご意見、お智慧をお貸しください】


2019年11月27日現在、参加予定者は、仏教美術研究者(中央アジアの石窟寺院の壁画を研究)、仏師2名、彩色師1名の4名です。

この会の目的は、これからの文化財保護のあり方に関する専門家どうしの意見交換です。 まだ参加者を募集しております。仏像や寺院建築、工芸に関する職人の方、仏具店経営で修復のコーディネートをされている方、ご自坊に指定文化財をお持ちで、守られている方など。

また、一般の方でこの分野にご関心をお持ちの専門家以外の方も、数名まで受け入れます。(質疑応答の時間以外は、ご静聴いただきますようお願いいたします)

参加費は、専門家の方は無料です。 聴講者の方からは 開催協力金として 少しいただくかもしれませんが、数千円以内の予定です。参加希望者の方は、直接、加藤宛にお電話でお願い致します。 080-5641-1076

Follow by Email
Facebook
Twitter
Instagram
関連記事