toggle
2021-10-04

オンライン講座(全2回)「敦煌壁画ぬり絵と絵解き解説」

2021年11月19日(金)・11月26日(金)20:00~22:00

19日と26日の内容は異なります。Zoom利用、見逃し配信は検討中です。

受講料:1回受けても2回受けても3,000円です。資料代込み

講師1:檜山智美(ひやま さとみ)氏(京都大学白眉センター/人文科学研究所 特定助教)

講師2:菱田眞如(ひしだ しんにょ)師 (仏像彩色師)

受講対象:高校生以上

受講料:1名 1回受けても2回受けても3,000円(資料代込み)

定員:40名(先着順)

北朝期(6世紀)の敦煌壁画(第249窟)の一部、須弥山(しゅみせん)図のぬり絵をしていただきます。受講生にはオンライン開講前にA4ぬり絵用紙(線描)・色見本・色指定資料・レジュメを郵送いたします。両日とも講師の檜山氏に図像の意味を紐解いていただきながら、各自にぬり絵をしていただきます。ぬり絵は仏像彩色師の菱田眞如師が指導します。

11月19日(金)の内容 解説講座:「西魏時代の敦煌における仏教と道教の世界観の融合」ぬり絵:天と龍と阿修羅

11月26日(金)の内容 解説講座:「天と地を繋ぐ軸:須弥山と崑崙山」ぬり絵:須弥山/崑崙山

ご用意いただくもの:黒鉛筆、24色の色鉛筆

※本講座は6月に対面で行う予定だったものを、スケジュール変更の上でオンライン講座に切り替えたものです。

※ぬり絵をしていただく壁画の写真は、著作権の関係で掲載ができません。図像をご確認されたい方はこちらのサイトをご確認ください。敦煌莫高窟 249窟

講師(檜山 智美氏)プロフィール

講師(菱田眞如師)プロフィール

お申し込み方法本HPの申し込みフォーム利用に関し、携帯・PC利用とも届かない例があるとわかりました。

ご迷惑をおかけした方には深くお詫びいたします。大変お手数ですが、しばらくの間、お申し込みは直接にtennyodo※ac.auone-net.jp までお送りください。(※を@に変えてください)希望講座名・お名前・メールアドレス・携帯お電話番号と、資料郵送の都合上、郵便番号とご住所も添えてお願いいたします。折り返し、受講料の振込先をお知らせいたします。お振込みの確認できた方より順次、資料を送付いたします。

関連記事